スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫蘇ジュース、作ってみた

 庭を改造しようと思いつつ、ほとんど手を付けてませんでした。
 木々を伐採・伐根して整地し、クルマを置けるスペースを作ろうなどという壮大なプランなのですが、今年の夏は40℃に達する(!)などという予報があったもんで、折角の自然の緑のカーテン(実態はプチ・ジャングルですが^^;)を撤去するに忍びなくなってしまったのです。
(このお陰でエアコン無しでも過ごしてられるのであります^^)

 そんなわけで庭の大改造は涼しくなる秋までお預けとし、代わりに小規模ですが家庭菜園を作ることにしました。取り敢えずトマトと赤紫蘇を育てていますが、収穫が待ちきれなくなって赤紫蘇を買ってきて紫蘇ジュースを作ったぜい!ってのが今回のお話です。
 

 紫蘇ジュースは私の婆ちゃんがよく夏休みに作ってくれたもので(何故かオフクロ殿は作ってくれんかった・・・)、祖母が亡くなって以来すっかり忘れていたのですが、千葉の美食の伝道師(笑)であるあつこさん☆から頂戴して再覚醒したのです(笑)。
 とか言いつつ頂いたのはあつこさんが東京にお住まいの頃の話で、自分でも作るゾ!と思いながら既に3年の月日が過ぎていたのでした('A`)

≪材料≫
・赤紫蘇の葉・・・ザルの2杯くらい(店売りの1袋(300g程度))
・砂糖・・・300g(普通の人は500gが吉かと^^;)
・クエン酸・・・20~25g
・水・・・2200cc

≪作り方≫
1.赤紫蘇の葉をザブザブ洗う。あとで濾すので大雑把でOK。
2.大鍋に指定量の水を入れて沸騰させ、紫蘇の葉を投入。
3.3分ほどしたらクエン酸を投入。ドス黒い煮汁が綺麗な赤紫になってあらビックリ!
4.葉っぱを取り出す。あとで濾すのでこれまた大雑把でおっけ。
5.赤紫になった煮汁をガーゼなり出汁取り用袋なりで濾す。
  コーヒードリップ用の紙はすぐに目詰まりするのでお勧めできんです('A`)
6.濾したら砂糖を追加。冷えたら味見して適宜砂糖・クエン酸を追加投入。



 濾した原液を3倍から4倍くらいに水で薄めていただきます。今回は紫蘇を煮詰め過ぎちゃいまして濁った色になってしまいました。
 甘いのが好きじゃないので砂糖300gにしましたが、これでクエン酸25gだとかなり酸っぱいです。多分普通の人は500g程度は入れた方が良さそうですね。普段砂糖なんて使わないので、300gでもゲェ!とか思ったものですが(苦笑)。
 作ってて思ったのですが、3と4の工程は逆転、つまり葉っぱを撤去してからクエン酸を投入した方がいいのかなぁとも思いました。なんとなく葉っぱにクエン酸を持っていかれてるような気がして^^;

 ま、それはともかく結構な量の原液が出来るので、これで暫くは楽しめます。単に氷と水で割るも良し、炭酸で割っても良し、焼酎で割って酎ハイにするも良し、夏バテ防止に活躍してくれそうです(´∀`)
スポンサーサイト

Comment

作りましたね♪

案外簡単でしょ?自分で作るとハマリますよ。
私、18歳から作ってます!(笑)
砂糖かなり入りますよね。私もギョっとしますもん。クエン酸も効かせたいと思うと砂糖が…。
ウチでもそろそろシソジュース仕込もうかな♪

久々にPCからお邪魔したら『べコちゃん』から『ウソ』に変わってましたね。
思う事は同じですね。なかったことに出来たらいいのに…。

No title

>あつこさん☆
思ってたよりホント簡単でした(・∀・)
砂糖はとても多いですけど、濃縮してるからか思ったほど甘くならないんですよね(^_^;

>ウソ
わ~すれて~、しーまいたーいこぉとが~、今の私には多過ぎるぅ♪(by 円広志)
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。