スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョイノリ・パンク&タイヤ交換

 少し前の話ですが、チョイノリのタイヤがパンクしました('A`)

 状況は、仕事からの帰りに家まで残り7キロ程度を残してリアタイヤがペッタンコ。ダメもとでアロンアルファのゼリー状瞬間を空気漏れしているところに補填してみたのですが、まぁ当然ながらダメ(苦笑)。
 翌日は休みだったので、押して歩くか・・・と思ったところでJAFの会員だったことを思い出し、ロードサービスをお願いして家まで搬送していただきました(15キロ以下なので無料^^)。因みにJAFロードサービスではバイクのパンク直しはできないようです。パンク補修材での応急処置はできるかも知れませんが。

 あ、早速余談。「仕事帰り~」と書いたとおり、随分前にプゥ脱出しています。更新が面倒だったということもありますが(苦笑)、入社のタイミングでブログやSNSに書き込みしたら特定される可能性がありますので、ささやかなリスクヘッジということで報告しておりませんでした。悪しからずご了承ください(^_^;

 戻りますが、実はパンクして当たり前だったんです。なにせ・・・入手してから一度もタイヤを交換してなかったもんで。ええ、8年間装着しっぱなしでした(爆)
 



 距離はほとんど走ってないこともあって溝はまだ多少残っていますが、ご覧の通りゴム劣化によるヒビ割れでタイヤがガビガビです。今までは、仮にパンクしても押して帰れる距離しか走ってなかったのですが(苦笑)、突然片道15キロの通勤に使い出したものですから、アッという間にヒビが割れてパンクしてしまったわけです。



 オークションで落とした台湾製タイヤ。新品ですが1本960円(ノ∀`)
 本来ならタイヤはケチってはいけないのですが、どんなに頑張っても時速40キロ以上出ないバイクなので、今回ばかりは値段重視といたしました。

 オクで落としたので、交換は自前で行います。



 チョイノリのタイヤはアクスルシャフトとナットで留まっていますので、車体左側のシャフトの頭(12mm)をメガネレンチで押さえて、右側のナット(14mm)を緩めて外します。



 こんな感じで左側を押さえて右側のナットを外します。ってか、画像見て気付いたのですが、リアカウルが歪んでますね('A`)
 ナットを外してシャフトを抜き、ブレーキドラムを外してタイヤ(ホイール)を取り外します。



 因みにチェーンが弛んだ時は、車体右側のナットを緩め、画像にあるラッチを時計周りに回して張り調整できます。

 お次は車体から取り外したホイールからタイヤを外します。言葉でウダウダ説明するより動画を見ていただいた方が分かりやすいです。



 ただ、動画ではすごくあっさり外せてますが、初めてですとこんなに上手くはいかないと思われます。ええ、私がそうでした(^_^;



 同様にタイヤの装着も動画でご確認ください。いい動画です。
 これもアッサリですが、私は外す時より苦労しました(;´Д`)


 労力はかかりますが、お陰でタイヤ2本+タイヤレバー+ビートワックス購入で4,000円以内で収まりました。新品を装着して思ったのは・・・というかタイヤ交換するたびに思うことですが、やはりタイヤってのは大事だなぁってこと。ダイレクトに操作感が変わります。
 皆様も8年間も手付かずなんてことないよう、タイヤは早めに交換しましょう。お前が言うなって話ですが(^_^;
スポンサーサイト

Comment

またまたチョイネタに反応

何かが刺さった場合等を除いて、パンクの原因はエアー圧の低下が多いです。
低いエアー圧のままで乗っていて、徐々に抜けていくパターンです。
チューブレスの場合、一定の所から以降はイキナリ抜ける(リムとタイヤの接地が無くなる)ので、「パンクした!」という方々を見受けられます。
タイヤ交換を前提にするなら、自転車用のパッチで応急修理ってのもあります。
まあ、走ればパッチがケズれますけど、先の距離なら、まあ何とか…。
(100円ローソンとかにも売っていたりします。)

以前は力任せに行っていたタイヤ交換ですが、コツをつかむと早くなります。
参考映像ではホイールになんかしていましたが、ワックスはタイヤのリム部に塗る方が良いと思いますよ。(しかも塗った後、直に地面へ置くとは…。)
ついでに、古タイヤを下に引くとホイールも傷が付きにくいかと。

ゴムモノは、気をつけないと二の舞になるので注意してください。
以前乗っていた2stダッシュはチューブタイヤでしたが、乗りっぱなしでドンドン空気が漏れていきます。 乗らなくても減ります。
チューブを国産カブ用に換え、治まりましたってな具合。
先の話の様にリム部から漏れるという場合もあるので、要注意です。

リアフェンダーは、フレーム側本体の取り付けが曲がっているのでしょうか?
色違い(橙)のリアフェンダーなら、在庫あります。(笑)

お、いらはい(・∀・)

>だしゅーどん
まさにウチのもタイヤ圧の低下によってヒビが開いたパターンと思われます。
溝のとこのヒビが開いて、エアを補充してもシューシュー言うくらいに末期状態でw
自転車用のパッチは試してみたかったですね。

タイヤ交換、例の動画でのワックス塗りはほとんどオマケみたいな感じでしたね。
完全に慣れてて色々と省略しました感が確かにだいぶあるなーと。
直に地面に置くのはさすがに私も気になって、作業時には新聞紙を敷きましたが、
でも古タイヤ利用は失念してましたね。しまったなぁ・・・

リアフェンダーは・・・検証しようとおもっていてまだ未確認です。
外観はあまり気にしないクチですが、これだけ曲がってるとなると、そのうち
タイヤに干渉しかねないっすね。改めて確認してみないと・・・

まずはぷぅ脱出おめでとうございますw

動画を見ていて自転車のタイヤ交換にそっくりだーとか思いましたが、自転車と違って車体からホイールを外す辺りから面倒くせえとか考えてしまう私ですw
しかし、8年物ですか・・・。
逆に言えば(※距離はともかく)そこまで乗れてしまうものなんですね、ビックリ!

脱出祝い、あざっす!^^;

>化け先生
動画では軽くやっていますが、本文でも書いたとおり実際には初めてだと自転車に比べて
かなりのパワーを要します。
作業後半でようやく「コツをつかめば意外とあっさりいくもんだ」と思うに至りましたが^^;

>8年モノ
走行距離とは別に、カバーかけたりサイクルハウスに入れたりで、紫外線に当ててないのが
たぶんかなり長持ちした要因と思われます。
とはいえ、ヒビ割れは多数発生していますし、明らかにグリップ性能もおちてますので、
チョイノリでない限り(苦笑)マネしちゃ駄目ですね^^;
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。