スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外とスタンダードなラーメン ~市川・亥龍~

 軽く話のマクラ。新しい勤務地なんですが、笑えるほど外食事情が悪いです。住人のいない埋立地ということもあって、そりゃぁもう特車2課かってくらい(分かる人にしか分からないネタで多謝^^;)。
 それでもコンビニと食堂がそれぞれ1軒あるだけ特車2課よりはマシですが、コンビニなんぞ可能な限り利用したくないし、食堂もガソリスタンドに併設されているドライブインのようなもので、存在自体はありがたいので申し訳ないですけど昔のパーキングエリアの食堂を一段落としたような感じです。価格帯は高かったけど大手町の方が良かったと思えるほど・・・(;´Д`)

 そんなわけでお昼は自作弁当な毎日なわけですが、その「自分で作る」というクセというか感覚が身に染み付いてしまって、すっかり外食する機会が減りました。ついでにバイク通勤になったので飲み屋に寄るという発想も無くなり、お陰で通勤路の行徳・南行徳にそれなりに面白そうな店があるにもかかわらず、ついつい「ツマミを自作して自宅で晩酌」というのが固定してしまいました。まぁいいことではあるんですけどね(^_^;

 そんな中で、休肝日なので外食してみるか・・・という一般的には逆の発想で、久々にラーメン屋に寄ってみました。今までに1度だけ入ったことのある市川駅前の「亥龍(いりゅう)」さんです。
 



 醤油ラーメンの細麺に味玉トッピング(750円也)。シャーチューの他に、ほうれん草・ネギ・もやし・支那竹といった具、それにガッツリ背油が散らされてる家系的なビジュアル(海苔は無いけど)ですが、実際はあっさり系です。ダシと比較すると若干しょっぱさを感じるかなぁというのが個人的な感想。



 ご覧のとおり、背油を撤去するとあっさりめな醤油スープが顔を出します。
 細麺と銘打ってますが、中細麺といった感じでしょうか。しょっぱさがもう少し抑え目であれば更なる細麺が合いそうですが、このダシにはこれくらいの麺が良さそうかなーとも。



 サイドのチャーシュー丼(300円也)。サイドのご飯ものはもう注文しないつもりでいたのですが、あっさりこの禁を破るヘタれさ(;´Д`)
 しかし、禁を破った甲斐あってウマイのであります。トッピング用のチャーシューを、特に炙りや暖めなしにそのまま乗せただけなのですが、ホロホロ具合がいい感じであったかご飯にナイスマッチングでございます。マヨのボトルが添えられますが、試してみたけど個人的には要らないかなー。

 なんでも千葉の有名店である「なりたけ」で修行されたとのことらしく、そういう成り立ちや店舗の雰囲気やラーメンのビジュアルからするとフリークに好まれそうな店に思われますが、ダシにクセは無くて意外と一般的な感じがします。良く言うと「レベルの高い万人向けの店」、悪い言い方をすると「期待したマニアは肩透かし喰らいかねない店」とも言えるかな?
 ラーメンマニアではないと思っている自分からしても若干訴求力が弱いというかパンチは弱い気がしなくもないのですが、駅から近い立地で平均点以上の実力をコンスタントに提供する店舗というのは実は大きな強みかも知れません。かつてテナント撤退が相次いだ場所で継続営業できているというのは、その証左とも言えると思えます。

麺屋 亥龍
住所:千葉県市川市市川1-8-13
営業時間:11:30~翌3:00
定休日:火曜


大きな地図で見る
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。