スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場・喜多方ラーメン ~喜多方・あべ食堂~

 いや、もう4月だってぇのに年末とはどういうこった(^_^;
 とまぁ今更な年末ネタですが、埋めるのももったいないし同行者にも怒られましたので(笑)、4ヶ月前の記憶を掘り起こして旅行ネタをアップしていきます。

 旅行日程は昨年末の12月28日から年明けの1月3日まで。本当は年内中に帰宅するつもりだったのですが、ついつい居心地が良くて年越ししてしまったという堕落っぷり(笑)。猫の面倒を見なくても良くなったという面もありましたけどね(´・ω・`)
 同行者はツディ君と噛み岡君。となると必然的に行き先は毎度お馴染み仙台は蔵王のJさん宅。行程も毎度お馴染みの会津経由でした。2ヶ月前の10月にも行ったばかりなのですが、ツディが会津のソースカツ丼にすっかりハマってしまったってワケ^^;

 とはいえ、毎度毎度それだけじゃ芸がないな~ということで、出立時間を早めて喜多方市に寄り道することにしました。ラーメンで有名な喜多方は「朝ラー」、つまりラーメン屋が早朝から営業されていて朝から市民や観光客に喜多方ラーメンが提供されています。喜多方ラーメンを朝食とし、軽く観光して昼にソースカツ丼退治って寸法です。
 



 訪問したのは「あべ食堂」さん。結構な有名店のようですが先客ゼロ。そりゃまぁ年末の慌しい時期(12/28)とあってはそうそう来ないでしょうなぁ・・・とか思ってたら、ラーメン待ってる間にどんどんお客さんが来る来る(笑)。地元の人も観光客もごっちゃ^^;



 店内は4人掛けのテーブルとご覧のような座敷席です。昔は座敷席につくのが好みでしたが、最近は可能な限りテーブル席を選んでますね。デブは腹がつかえると困るのサw



 メニューはこんな感じ。「食堂」を名乗るだけあって、ラーメンオンリーではありません。こういう昔ながらの「食堂」のカツ丼やカレーライスも魅力なんですよねぇ。



 チャーシューメン(850円也)。坂内食堂のチェーン店で見慣れた「肉々しい」ビジュアルであります。肉オンリーなので微妙にビジュアル的には単調ですが、この表面を完全に覆ってる豚バラチャーシューがホロホロで期待を裏切らない美味さなのです(´∀`)



 ツディ&噛み岡が注文の中華そば(600円也)。あれれ? なんか無芸大食さんとこのエントリで見たのとビジュアルが違うな? もっと背脂が浮いていたような・・・と思ってたら、無芸さんはしっかり「脂っこく、麺かため」というオーダーをしていたというオチでした^^;
 それにしても、やはりネギのが乗っかってる姿はラーメンらしくて画像だけで食欲をソソりますね。



 というわけでネギ嫌いなツディから辛ネギを強奪して自分のチャーシュー麺にONしてみました。いや、ちゃんとチャーシュー麺にもあの肉の層の下にきちんとネギは埋まっていますヨ^^;
 しかし、これだけで見た目は随分変わりますねぇ。くそぅ、食べに行きたい(;´Д`)



 麺は太麺と呼んで差し支えないくらいの平打ち縮れ麺。これぞラーメンといった王道な麺ですね。
 スープは醤油味のとんこつ清湯スープですが、煮干系も入っているのかな?? そちら系のあっさり感もあります。最近塩ラーメンに傾倒してましたが、こういう豚バラチャーシュー・メンマ・ネギを従えた醤油ラーメンってのはやはり「ラーメンの基本」だなぁと再認識しましたね。

 旅行が始まったばかりということもあって私は我慢しちゃったのですが、ツディは持ち帰りラーメンを購入。帰宅後に食べてみたら実に美味かったとのことで、ちと悔しい思いをしました^^;

あべ食堂
住所:福島県喜多方市緑町4506
営業時間:7:30~15:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:水曜休(祝日の場合は営業)

大きな地図で見る
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。