スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発福島ツーリング

 コトの起こりは、友人の景勝が「国道45号線を北上・完走ツアーをやってくる」(分かりやすく言うと「仙台から八戸まで三陸海岸沿いを走ってくる」)なんて話をしたことからで、自分も遠くに行きたいなー走りたいなーと思い至ったワケです。ホテル取ったのも2日前の日曜日^^;
 つまり特に目的があったわけじゃなく、どうせ走りに行くなら後付で目的をついでに作り上げるというのも毎度のことだったりするわけですが、今回は予てから「バイクで秋田に(下道オンリーで)行ってみたいが可能か?」という希望の予行演習というか偵察を兼ねて行って参りました。

 前回の北海道ツーの時の50ccと違い、高速道に乗れないとはいえ多少余裕のある125ccということもあって、距離重視の国道メインルートを選びました。

 市川(県道1号)>松戸(国道6号)>柏(県道47号新大利根橋・国道294号)>真岡(国道408号)>宝積寺(国道4号)>福島(国道13号)>板谷峠・・・ここで折り返して郡山泊

 予想通り国道4号では信号待ち、たまに軽い渋滞も発生したため、そうした時は無理ない速度ですり抜けし、結果アベレージで大体時速40km/h程度となりました。これから逆算すると、秋田(予定では横手)までは12~13時間程度掛かる計算となり、かなりしんどいですが上手くプランニングすれば無理ではないってところですか。
 しかし、やはり幹線国道は走っててツマらないですね。というか栃木・福島の県道はホント走っていて気持ちいいので、多少走行距離が伸びても県道を走るのが安全上でも精神衛生上でも良いです。

 取りあえず今回のツーリングを時系列順で軽くレポします。まぁ突発だったので大したことはしていませんが。
 

○市川出発4:00>真岡市内コンビニ6:00
 ここ数日昼間が暑かったこともあって、Tシャツ+長袖ポロを着て出撃したのですが、、、


 新大利根橋からパチリ。茨城は朝もや状態。寒いです。この時点ですぐに防寒着を着ればよかったのですが、最初の休憩はなるべく遠くまで行ってから・・・とか考えていたため、ノンストップで栃木の真岡まで行ってようやく上着を着用。既に夜が明けたあとだったのですが、ここまでですっかり体が冷えてしまっていたため、太陽が昇りきった白河までずっと防寒着を装備するハメに(;´Д`)

○白河8:15~9:00(ここまで191.7km)
 予定では9時に郡山で朝食をと考えていたのですが、おなかが空いた&昼ごはんのために早めにご飯食べておこうと考えたため、手前の白河市内に寄り道しました。


 市内中心にある「山田パン」さん。さすがに朝8時だとチェーン店かこうしたパン屋さんになりますね。
 市内の高校にも納品しているとのことで、地元での知名度は結構高いらしく、また多くの白河出身者が懐かしいとおっしゃるのだとか。名古屋の喫茶店でも有名な小倉トースト的な「あんバター」とか、ポテサラをコッペパンに挟んだ「サラダパン」などで親しまれているそうです。



 私が購入したのは「酪王カフェオレ」と「クリームボックス」です。コテコテの福島ローカルメニュー(笑
 クリームボックスは本来福島の中でも郡山ローカルとのことだったのですが、白河のこちらでも置いてあったので初めて購入してみました。練乳の入った甘いクリームが塗りたくられたトーストで、シンプルですが実に美味しいですね。



 白河駅北の小峰城公園のあずまやで食事したのですが、野良ぬこさんたちが寄ってきました。姿が見えなかったのにパンを取り出したところで寄ってきたところを見ると、完全に人馴れはしてないけどそれなりにエサをもらって暮らしているのかもしれません。



 右側の子はかなりのビビりで、ちょっと私が身動きするとビクっと逃げる体勢を取るくせに、たまににゃーにゃー鳴いたりして根は甘えん坊なのかも知れません。しかし猫にクリームボックスは食べさせて良かったのかな~。喜んでムシャムシャしてましたが。それでもこの画像のように恐る恐るでした(;´Д`)

○二本松・黒塚10:20~11:00
 安達ヶ原の鬼婆の葬られた伝説の場所・・・なのですが、目的はコレ(;´Д`)


 既に2回訪れている猫寺こと観世寺さん。最初に訪れた時に膝に乗ってくれたガニ股ちゃんも健在でした。ただ、最近は鼻水をよく垂らしてクシャミするようになったとのことで、もう3年経ってますからちょっと心配です。本当の名前は「モコくん」(♂)なのだとか。ガニ股ちゃんとか言うてすまん(;´Д`)



 初顔のサビ猫さん。カウンターに乗って必死にスリスリしてきますので撮影が大変(;´Д`)
 今回はお寺の奥様とゆっくりお話させていただきまして、こちらもマメに写真を撮っていたので、それらをお見せして消息をいろいろ伺ったのですが、前回カウンターでヨダレ垂らして寝そべっていたキジトラさんは昨年お亡くなりになったのだとか。半野良ってことでフトいなくなったりする子も多いんだそうです(´;ω;`)

○福島12:00~13:00(ここまで295.1km)
 お昼ごはんは福島としました。これはまた別エントリにて(;´ω`)

○奥羽本線峠駅・板谷駅13:45~14:20(ここまで320km)
 一度電車で行ったことのある(まぁ停車時間にホームに降りただけですが)峠駅に行ってみました。かつて山形新幹線が開業するまでスイッチバックの駅だったのですが、目的はコレw


 名物・峠の力餅です。単なる大福と言っちゃえばそこまでなんですが、峠駅のコレはびろ~~~んと伸びるくらい餅が非常に柔らかくて美味しいのです(新幹線内で販売しているのは分家で、味も違います)。ただ、今回は温度差が生じるバイクで搬送したせいか、残念ながらお土産で持ち帰った翌日は表面が少し固くなってしまっていました(´・ω・`)



 勿論、駅の見学もしてきましたよ。トンネルの中のようですが、これは人工的に作られたスノーシェルターで、スイッチバックが現役だった頃は構内にポイントが多数あったため、降雪からポイントを守るために作られたのだとか。現在はポイントが無いので不要なのですが、新しいホームの屋根としてそのまま使われています。
 画像右側の線路が現在の奥羽本線というか山形新幹線の線路で、左側には一部を除いて線路は撤去されてますがスイッチバックでの引込み線があったスペースです。



 かつての引込み線の先の部分。既に線路は撤去されていますが信号機や架線柱は当時のまま残されていて、ちょっと異様な光景です。旧峠駅のホームは更に進んだ先にわずかに残っていました。
 とまぁ峠駅の歴史を知っていると遺構自体も結構面白いのですが、訪れるには結構な手間となります。山形県に入ってすぐ国道13号から外れて県道を、途中から更に田舎道を走ることになるのですが、想像以上に道は細く高低差もあって車だとかなり厳しいです。



 国道13号に戻る途中の板谷駅で遭遇した山形新幹線つばさ号。大した障害もない線路っ傍のこんなに近くで新幹線が撮影できるのって、東海道山陽新幹線に慣れた人間には非常に新鮮です(;´Д`)

○郡山(板谷峠から80km)
 板谷峠を後にして、あとは今晩の宿の郡山に戻るだけで、途中国道394号線で川俣町方面へ寄り道しようかと思っていたのですが、最近の運動不足が祟ったのか疲れてヘタレモードになってしまい、結局4号線で素直に戻ってしまいました。お陰で郡山には16時半というまだ明るい時間に到着^^;
 あぁ、この時間だと・・・という懸念の通り、毎度お世話になってますですの無芸大食師匠はお仕事で出かけてらっしゃいました。毎回同じパターンですんません(;´Д`)

○ホルモン大豊
 毎度お世話になっているホテルα1郡山東口さんに日没前にチェックインしました。


 日没前チェックインということで、最近お決まりとなっているチェックイン即シャワー&ビール。トシ取って体力が落ちた分、「観光、がんばらない」なヘタレ成分が昂進し、心地よい疲労感の中で味わう夕方ビールに至高の喜びを感じるようになってしまいました(;´ω`)
 で、一杯飲った後は、本格的に飲みに行く前に軽く昼寝です。これがまた幸せなんだなぁ^^;

 んで、昼寝から目覚めた後。今回は初めての店を攻略しようと思っていたのですが、大豊さんの魅力に抗し切れませんでした。またも肉に溺れる駄目なワタクシ(って、なんかアレな表現だな^^;)。
 こちらも別途アップしようかと思ってますが、入店時間が早かったこともあって無芸師匠のお仕事アガリの頃に既にシメをやってしまいました。残念、、、次回はもちっとゆっくり昼寝します(ぉぃ

 翌日は素直に帰るだけのつもりでしたので9時まで思いッ切り寝坊(;´Д`)


 こちらもまたお決まり朝ごはんの半田屋さん。フツーにご飯と納豆・フキだけにしときゃいいのに、呑んだ翌日だからかつい汁物として蕎麦を頼んでしまいます。これもまぁまたお決まり^^;
 ちなみに酪王牛乳は昨日酔っ払って購入して飲む機会を逸したヤツの持込です(汗)。

 帰りは特に予定を入れてなかったのですが、一箇所だけ昼ごはんを栃木の大田原市内の店に突撃しようと思っていたのです、、、が、栃木県内に入って大雨喰らう始末。今回は見送りました('A`)
 その代わりと言っては何ですが、結城の酒店「たまごや」さんに立ち寄って日本酒数本お土産りましたが(搬送のためにホームセンター(ダイユーエイト)で発泡スチロールの箱を購入して積載^^;)、つまり寄り道はこれだけ。帰りはヘタレになることが多いとはいえ、ここまでストレートな帰路も珍しいです。ちょっとこれは反省(´・ω・`)


 とまぁ毎度毎度何がしかの心残りをこしらえるわけですが、私の場合これが次に行く口実になるので別にヘタレでいいんです。そんなわけで、近いうちに栃木リベンジはやりたいですね^^;
スポンサーサイト

Comment

ゴイスー

私なんかプジョーで高速使ってもキツかった距離なのに…。
(ちなみに名取市から金田IC)

いえいえ

>化け先生
慣れりゃどーってことないですって!(無責任

ま、でも高速はツマんないですね。一般道は渋滞や信号待ちがネックですけど、それが少なければ飽きなくて楽しいですから。
本文にも書きましたが、栃木・福島の県道は「ぼくの夏休み」的風景が多くて走っていて楽しいんですわ。あっち方面がヤメられない理由の一つです(´ω`)
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。