スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートスナック巡り・その3 ~稲敷・あらいやオートコーナー~

 今回のオートスナック巡りの最後を飾るのは、茨城県稲敷市の「あらいやオートコーナー」さん。
 事前に訪れたオートパーラー・シオヤさん丸昇・小見川店さんも、いずれも昭和の香りを漂わせる名店でしたが、予めネットで仕入れた情報によると、「あらいや」さんはそれらを遥かに凌駕する(というか別次元な)インパクトがあるという、アレでナニな場所とのこと。
 果たして、その情報は本当なのか? やはり実地検証が学者の義務です(学者じゃねーってw)。
 



 国道51号線沿いにソレはあります。千葉方面から向かう方に分かり易く言うと、片側2車線が1車線に絞られてからすぐ先の場所です。対向車線の交通量も結構あるので、意外と入るのが大変だったなーという印象。


 で、クルマの切れ目を縫って右折し、目当てのあらいやさんに突入したのですが、、、





 コレって、一体何なの!?

 いや、どう見ても単なる資材置き場でしょ、コレ(^_^;
 とまぁ、早速外観だけでヤラれてしまったワタクシでございますが、、、



 コレって、マジで現役なの?!

 サムネ画像をクリックして是非とも拡大画像をご覧いただきたいところですが、左側のカップヌードル自販機はともかく(これが黄色の初期ボディなら完璧過ぎだったけどw)、事前知識ナシに右側の自販機で弁当を買おうって奴はまずおるまい(;´Д`)



 つーか、事前知識があっても怯むよ、こりゃ(^_^;
 ボタンもボロボロですが機能してます。ひれかつ、やき肉、とりからあげの3種類で、全て300円と極めてリーズナブルです。
 それはともかく、なんかボタンの下にガムテープが貼ってありますが、、、



 どうやら売り切れ表示が壊れているので目張りしていたようです^^;
 こういうの見ると、返却レバーが生きているのかすら怪しく思えますよねぇ(笑



 ここまで怪しさ炸裂だと、古臭い7セグ表示管ですらハイテク装備に見えますね(笑)。しっかり健在で、きちんとしたデジタル表示で投入額を示してくれています。



 商品出てきたの図。この自販機自体が加温器でもありますので、ハンバーガーやトーストみたいに加熱時間は不要です。アッという間に出てきます。取り出し口は予め半開き状態です(笑



 自販機の横に備えられた箸立て。衛生観念、クソくらえ(笑)。



 まるで屋台で買ったたこ焼きかの如くの外装。緑色の無地包装紙が、否応なしに昭和を主張します。ちなみに画像右上の灰皿は「わがまま猫」という商品名が書かれた空き缶(;´Д`)



 今回購入したのは「やき肉弁当」。単に仕出し弁当パッケに入っているだけでなく、しっかりラップできっちりくるまれていて、衛生的にも十分配慮されています。めくるのがチト面倒ですがw



 十二単の官女を手籠めにするが如く(←ぉぃ)、幾多の包装を解いて現れいでたる御姿の、なんと神々しくも麗しいジャンクさよ!
 だってさぁ、、、そこにあるのは豚肉とコメと申し訳程度の昆布だけだぜ? なのにフタを開けた途端に香ばしい醤油の香りで誘惑してくるんだぜ? この潔さにホレない奴・魅力を感じない奴は、育ちはいいかも知れないが僕とは酒を酌み交わすことはできないな。
 ・・・いや、チト大袈裟に書きましたが、誰もがドン引きするあんな恐ろしい外観のマシンから、こんな美味ェものが出てくるんだもんなぁ。確かに、たまたまジャイアンがいいことしたらスゴク良い奴に見えるような、そんな『ギャップ萌え』的なものの範疇かもしれんですが、相対評価なんかじゃなくて絶対評価としてもこの弁当十分美味しいですよ。



 どこぞの大手ハンバーガーチェーンの中華ナゲットと違って(時事ネタw)、しっかり国産食材を使っていることを謳っています。ボロはまとえど味は錦、でございますな。
 こんな珍しいモノに遭遇してメタパニ状態になってる私一人の力説ってだけなら「あぁ痛い奴だなぁ」で済みますが、わずか30分の滞在時間中に4名もの地元の方がこの弁当を買い求めに来たという事実だけでも、十分評価され得るべきじゃないいかなぁって思うわけです。

 う~ん、イカンな。こうした「爆アゲ」は、むしろこの記事を見て実地検分しようとしてる人に過大な期待を持たせてしまって、いざ実食してみたら「言うほどじゃないジャン!」って結果を招きかねんですな。「自販機の300円弁当」であるという前提をお忘れなく^^;



 店内はこんな感じ。オートスナックのお決まりであるゲーム機も置いてありましたが、既にオブジェ化しておりました。もしかしたら夜になったら電源が投入されたりするのかな?



 反対側から店内を見たの図。風化されたスゲー店内ではありますが、上に書いたとおり平日午前に訪れたにもかかわらず買い求めに来る方がおりましたし、ネットで見る限り休日には結構遠方から来る方で賑わうようです^^;



 弁当自販機に貼られていた販売許可証。つまりライセンス的には少なくとも来年の2月末までは安泰ですが、機械そのものが故障となってしまう可能性もあります。実際、最初に訪れたシオヤさんでも「修理ができないので使用中止」という機械がありましたからねぇ(´・ω・`)

あらいやオートコーナー
住所:茨城県稲敷市境島529

大きな地図で見る
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。